3月11日、庭、天神山、家族会食

投稿日:
児島君の木彫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災から6年目ですが、穏やかな陽気となりました。昼前に庭に出て、若干の庭仕事をしました。妻が植えたアネモネがきれいに花を開きました。ヒヨドリとジョウビタキの雄が各一羽やって来ましたが、カメラを用意する暇はありませんでした。

庭のアネモネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食後、妻とともに出て、14時半ころから1時間強、天神山文化プラザの各展覧会を鑑賞しました。高校同期の児島高義君が誘ってくれたもので、彼は岡山美術クラブ展に木彫作品を出しており、ほかにも同期の連中が出品していました。ほかに国際写真サロン全国巡回展、岡山「現代俳句の書展」、楽竹の会書展、神戸淑子絵画教室展を拝見しました。

岡山美術クラブ展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代俳句の書展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りにガソリンスタンドで、車を自動洗車しました。乗ったままで機械にかけると、なかなかの迫力でした。16時半ころに自宅に戻り、庭仕事の続きをしました。草がしっかりと根を張り、これからの草取りが思いやられます。夜はももちゃん、一生君らと外で鍋をつつきました。ももちゃんのひな祭りと幼稚園卒園、それに一生君の三歳のお誕生日のお祝い会食で、次回はももちゃんの入学と一生君の入園のお祝いが待っています。

自動洗車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じーじ(ももちゃん撮影)