2月28日、早春、参院予算委、植木市、事務所

観音院の植木市

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も朝から雲も風もない快晴で、庭の常緑樹の葉がキラキラと光っていました。次第にこぶしのつぼみも膨らんでいます。

早春の庭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時からテレビで、参議院予算委員会の基本的質疑の中継が始まり、冒頭に民進党会派の小川敏夫会長が国有地売却問題を取り上げました。一切の瑕疵についての危険負担は森友学園側が負うとの特約を勘案して設定された当初の価格が、その後の廃棄物等の発見の都度どんどん下げられていく裏には、単に学校創設という名分だけでない何らかの特別事情があると推測するのは、ごく普通のことだと思います。

 

テレビ中継を見ながら昼食を取り、妻とともに出てJR西大寺駅で当面の切符を購入し、会陽の後に植木市を続けている観音院境内に行ってみました。その後、若干の所用を済ませ、15時過ぎに法律事務所に入り、デスクワークをしました。

植木市