2月5日、野鳥の会、「太陽の蓋」、家族会食

「太陽の蓋」討論会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時前に自宅を出て、13時半から30分強、日本野鳥の会岡山県支部の第40回総会に出席しました。私はずっと顧問を務めてきましたが、普段はなかなか活動に参加することができていません。今回は議員引退後ということもあり、開会冒頭に来賓挨拶をさせていただき、40回記念誌にも挨拶文を載せていただきました。

野鳥の会支部総会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中座して自宅で妻を乗せて倉敷まで走り、15時半に倉敷健康福祉プラザに着きました。ちょうど「太陽の蓋」の上映が終わるところで、その後の討論会に菅直人さん、橘民義さんとともにパネリストとして登壇予定で、控室で若干の懇談をした後、藤原薫子市議の司会で討論会を始めました。橘さんは製作者、菅さんは実物ですが、私は当時の菅内閣の一員でしたが映画には登場していません。しかし、それ以前の細川内閣で原発政策を所管しており、その当時の経験も含めながら議論に加わりました。17時に終了し、岡山市に急いで戻りました。

菅さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅に戻って用意をして孫娘のももちゃん邸に急ぎ、東京から素晴らしい鳥団子とスープを送っていただいたので、18時過ぎから鍋で家族夕食会をしました。その後、ももちゃん、一生君とカルタ取りをしました。3月で3歳になる一生君が、カルタを取れるようになっており、びっくりしました。

一生君のカルタ取り