11月6日、参院予算委、アメリカ大統領選

昨日と全く同じで、終日自宅で、最小限の電話連絡のほかはテレビを見ながらゆっくり過ごしました。国会では参議院予算委員会の質疑が行われ、野党議員の鋭い質問が続き、菅首相の答弁は哀れを催すほど空疎でした。

参院予算委
場内協議

アメリカの大統領選の開票も続きましたが、こちらはゆっくりした動きで、現職のトランプ大統領の悪あがきが目立ってきました。裁判所を使った攪乱戦術を大統領側が行うとは、滑稽を通り越して哀れです。

米大統領選