9月5日、立憲県連常幹、生君、全員集合夕食

9時半に妻の送りで出て、10時から2時間強、立憲民主党岡山県連合の常任幹事会に出席しました。党本部段階では、解散して新党に結集することが決まっており、県連と総支部でも当然にその流れになるのですが、構成員の合流の仕方はまちまちで、国会議員の手続きは3日に終わりました。国政の公認候補は総支部長を務めており、8日までの手続きを行います。その他の地方議員や党員・パートナーは自動的に移行します。なお急遽で非公式ですが、県連としては代表と党名につきメンバー全員による投票を行うことにしました。

立憲県連常幹

手続きの確認に加えて、会計処理や個別の事情による検討事項もあり、詰めた意見交換や協議をし、私も何度か発言しました。それでも、国民民主党側の事情など分からないことも多く、これからも具体的な協議が必要です。12時半に孫の松浦生君の迎えで出て帰宅し、みんなで昼食としました。21時からみんなで、ラジオ番組の「それなラジオ、ハラケンと社会の冒険者たち」を聞きました。

発言

その後は若干の電話連絡のほかは休憩としました。18時過ぎにももちゃんと一生君とパパとママが来て、まず一生君とももちゃんのピアノ演奏を聴きました。上手になりました。19時過ぎから賑やかに家族全員で鍋を囲んで夕食を食べました。

孫たちのピアノ演奏
盛大な夕食会