8月9日、黙祷、臨時国会、テレビ

長崎に原爆が投下されて75年です。11時2分、テレビの実況に合わせて自宅で黙祷を捧げました。私が参議院議長に就任して最初の公務が、2007年の今日のこの式典への参列でした。因みに、この年の8月6日にはまだ議長に就任していませんでした。

長崎原爆に黙祷

野党の臨時国会召集要求に対し、自民党議員の中に、与野党で合意して法改正案を作って、短期の国会でこれを仕上げれば、障害がないという人がいます。しかしそれでは「翼賛国会」になってしまうのではないでしょうか。首相にとって国会が召集されると仕事が増えるのは確かですが、議院内閣制の国であることを忘れてはいけません。

午後からはのんびりテレビを見ながら過ごしました。「この世界の片隅に」は、以前に映画で見たのですが、再度見入りました。

「この世界の片隅に」