3月21日、お茶、庭の花、買い物、公園

児島湾の午後

温かい春の一日が続きました。昼前にご近所の友人から電話がかかり、11時半から1時間ほど妻とともに、そのお宅に伺ってお茶をいただきながらお喋りをしました。新型コロナウイルス禍で家に閉じ籠っていると、だんだん煮詰まって来るので、お喋りが必要です。

昼過ぎに帰って庭に出てみると、アネモネ、ムスカリ、ヤブサンザシ、コブシ、ツバキなどが満開でした。コブシの一つは美味しいのか、ヒヨドリに突かれて散々な姿になっていました。木の下を見ると、何とわが家でもツクシが伸びていました。

アネモネ
ムスカリ
ヤブサンザシ
満開のコブシ
ヒヨドリの食害
これは満開
アケボノツバキ
これもツバキ
ツクシもあって

その後、昼食と若干のデスクワークを済ませて、15時半過ぎころから妻とともに夕食の食材を買いに行きました。魚のなかなか良いのが買えました。 帰路、少し足を延ばし、新岡山港に寄ってみました。フェリーが出るところでしたが、コロナの影響なのかがら空きでした。

フェリーはがら空き

公園の方に回ってみると、子ども達がお父さんとキャッチボールをしていました。海の景色はきれいで、ヒドリガモが何羽ものんびりと浮かんでいました。

子どもたちのキャッチボール
児島湾の午後
ヒドリガモがのんびり