1月9日、所用、中東情勢

「アメリカは強いほど、世界は平和」

朝から終日、所用に没頭することになり、パソコンを操作できません。今日はこれで終わりの可能性が大です。

昨夜の新年会では誰も皆、中東情勢の緊迫を本当に心配していました。不安を杞憂だと押し殺している間に、どんどん事態が悪化して、気が付いた時には時遅しとなることは、歴史が私たちに教えている教訓です。安倍首相は外交努力を尽くすといいますが、その内容は伺い知れません。平和憲法の理想を掲げる日本だからこそ、出来ることがあるのに、この旗印を色褪せさせておいて、他人事のように外交努力を口にしても、空疎に聞こえます。大変残念なことです。

「報復の準備は完璧」