11月22日、日展、松浦家夕食、泊

松浦一家と

私の女性後援会「アゼリア会」の有志が38年間続けている社会福祉法人旭川荘でのおむつたたみボランティアが、厚労大臣表彰を受けることになり、今日が全国大会での表彰式なので、妻は10時に出て行きました。

私は11時にチェックアウトして、地下鉄を乗り継いで12時に国立新美術館に着き、日展を鑑賞しました。私の参議院議長の肖像画を描いていただいた石田宗之さんの洋画や、道文会の小野玲華さんや寺谷和子さんの書、さらに師村妙石さんの篆刻などを1時間ほど拝見して、館内のレストランで昼食を食べました。何と大行列で、注文が14時過ぎになりました。

石田さんの洋画
玲華さんの書
寺谷さんの書
師村さんの篆刻
聖雨さんの書
松嶋さんの書
レストランから会場を見る

15時半ころに出て、地下鉄千代田線、小田急線、井の頭線と京王線を乗り継いで、17時ころに高幡不動に着き、娘の夫に迎えて貰って松浦邸に着き、娘一家と夕食会になり、泊めて貰いました。たまたま長男、二男とも不在で、私たちが泊まれる部屋が出来たのです。