10月8日、代表質問、操山美術展、事務所

安宅君の作品

妻は朝から近くの公民館にコーラスの練習に出掛け、私は参議院本会議の代表質問をテレビ中継で見ながら留守番をしました。

14時半前に出て天神山文化プラザに行き、15時前から30分ほど、岡山操山高校創立120年記念の「操山ファミリー美術展」を鑑賞しました。小学生の時に同クラスだった安宅敬佑君にご案内いただいたもので、彼が生涯最初で最後の作品という墨画の「I CAN」を楽しみました。子どものころから変わらぬ素直な表現で、誰にも真似が出来ません。

安宅君の墨画「I CAN」

ほかに大学で同クラスだった武南佑二君の写生やベテランの香川三枝子さんのステンドグラスなどがありました。

武南君の写生
香川さんの工芸

15時半前に法律事務所に入り、2時間ほど打合せやデスクワーク等をしました。

事務所で