9月14日、県連常幹、大相撲

県連常幹で発言

相変わらずゆっくり目を覚まし、ブランチの後に12時半に出て、13時から3時間ほど、立憲民主党岡山県連合の事務所で、同党県連の常任幹事会に出席しました。

高井代表の挨拶

鳥井良輔幹事長の司会で、冒頭に高井崇志代表の挨拶と国会報告があり、さらに難波奨二さんから補足の報告がありました。次いでその関連で質問や意見の発言があり、各級議会と各地域の報告があって関連する意見交換が続きました。続いて春の統一自治体選挙と夏の参院選の総括に着き報告があり、県連事務局体制の整備と県連運営委員会と大会の開催に着き協議し、さらに総選挙準備に着き意見交換しました。原田謙介さんからも岡山県に居を構えて活動を続ける旨の報告があり、私も随時発言しました。

協議
発言

終了後も若干の打ち合わせをし、17時過ぎに帰宅して、テレビで大相撲の三役の取組みを見ました。役力士の取りこぼしが目立ち、優勝争いは混沌として来そうです。