8月31日、死刑廃止、作田明賞、夕食会、帰岡

作田明賞受賞者と審査委員ら

ゆっくり起きて朝食を済ませ、11時にチェックアウトして妻とともに東京駅に行って荷物をロッカーに預けて昼食にし、別れて私は13時ころに明治大学リバティーホールに行き、13時半から30分間、「死刑をなくそう市民会議」の設立総会に出席しました。定刻に開会となって共同代表世話人の平岡秀夫さんが冒頭の挨拶をし、来賓として日弁連の菊地裕太郎会長が挨拶をし、私も思いがけず出席者として紹介されました。次いで前日弁連会長の中本和洋さんが講演を始めたところで、時間切れで中座しました。

平岡さんの冒頭挨拶
菊地会長の来賓挨拶
中本前会長の講演

次に新宿に向かい、14時半過ぎに第10回作田明賞授賞式の会場控室に着いて関係者と暫時懇談しました。犯罪者や非行少年の更生と矯正への功労者を顕彰する賞で、精神科医の作田明さんが9年前に始め、他界された後もご夫人の作田美緒子さんが代表理事となって続けてきたもので、私は当初から審査委員として関わって来ました。 今回は、最優秀賞に小澤輝真さん、優秀賞に副島勲さんと三浦一広さんを選びました。

最優秀賞の小澤さんと
控室で懇談

開会後、作田代表理事の挨拶に続いて賞状と賞金の授与があり、審査委員として私、髙野覚さん、飛松五男さん、丸山久美子さんと吉永みち子さんが講評をし、受賞者が順次挨拶をし、第1回の最優秀賞受賞者の山本譲司さんが来賓挨拶をして閉会となり、記念写真を撮りました。

作田代表理事より授与
私の講評
山本譲司さんの来賓挨拶

17時過ぎから、関係者による夕食懇談となり、美味しい料理と楽しい会話で賑やかに1時間強を過ごし、18時半にお開きとなって東京駅に急ぎ、妻と落ち合って19時過ぎの新幹線で帰岡しました。

夕食懇談