7月24日、コンサート、立憲事務所、黒岩さん

暖ちゃんと

相変わらず疲れが取れず、ゆっくり起きて電話連絡などをし、13時半に妻とともに出て岡山大学医学部構内のホールに音楽を聞きに出掛けました。レインボーコンサートで、今日は三好朝香さんのピアノ独奏でショパンのポロネーズ第6番「英雄」など、青山暖ちゃんのヴァイオリン独奏でフランクのヴァリオリンソナタ、そして三好さんと暖ちゃんのサラサーテのツィゴイネルワーゼンでした。暖ちゃんの演奏はを最初に聞いたのはまだ小学生のころで、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲で、今は中学3年になり、演奏にもますます磨きがかかって来ました。2時間ほど休憩なしで二人とも素晴らしく、元気を貰いました。

三好さんと暖ちゃん

終了後、16時半ころに立憲民主党県連事務所に行き、妻は早速電話掛けに取り掛かりました。

立憲県連で

私は帰宅して一息つき、親友の黒岩徹さんが19時半からのBS番組に出演するというので、妻を迎えに行き、やっと放映開始に間に合いました。 テーマは、英国保守党のボリス・ジョンソン新党首の首相就任とその後のEU離脱の行方で、英国政治に通じた4人のゲストが登場し、それぞれの切り口から新首相の人物像をあぶり出し、今後の行方を占うもので、一口に言えば何が起きても不思議でないという話で、極めて興味深く聞きました。そのため、夕食は21時過ぎになりました。

黒岩さんテレビ出演

なお、テレビで吉本興業の件が盛んに取り上げられています。識者のコメントの中で、諾成契約だから書面が無いというものがありましたが、これは間違いです。意思表示の合致によって成立するのが諾成契約で、ほとんどすべての契約は諾成です。これに対し、物の移動がないと成立しない契約を要物契約と言い、例えば消費貸借がそうです。吉本と芸人との契約は諾成契約だから書面が要らないというのは、誤魔化しです。