7月17日、選挙14日目、法律事務所、真庭演説会

かりゆし姿で一言挨拶

妻は10時過ぎに出て立憲民主党公認・野党統一候補の原田謙介候補の選挙事務所に行き、私は昼過ぎまで自宅で電話連絡などをし、14時半ころに出て法律事務所に入り、受任事件の電話連絡などをしました。

法律事務所で

15時半過ぎに出て帰宅し、16時過ぎにお迎えをいただいて原田候補選挙事務所で妻と合流して、高速道を北上して真庭市久世に行き、18時過ぎから原田候補の個人演説会に出席しました。円形に並べた椅子をどんどん追加して200人を超える皆さんが集まって立ち見も出、真庭市の柿本健治市議の司会で、選対本部長の高井崇志さんが冒頭に総括的な挨拶をし、連合岡山の鳥越範博副会長が応援弁士として檄を飛ばし、小野陽子さんが医療現場からの声を述べた後に私を壇上に呼び出し、私が飛び入りで市民政治の継承を訴えてマイクを原田候補にバトンタッチしました。

高井さんと満員の会場
鳥越副会長
小野陽子医師
原田候補にバトンタッチ

原田候補はいよいよ最終盤となってやや緊張した面持ちでしたが、声はほぼ治り、元気一杯に若さを爆発させて新しい政治への渇望を訴えました。最後に選対顧問の森本榮さんが情勢報告で檄を飛ばし、ハラケンコールで必勝の決意を新たにしました。終了後、原田候補は出口で皆さんと握手をしました。

いよいよハラケンの出番
熱を込めて
森本さんの情勢報告
ハラケンコール

私たちは高速道を南下して20時半に原田候補の選挙事務所に到着し、遅くまで仕事をしている皆さんを激励して、帰宅は21時半になりました

原田選挙事務所で