7月16日、選挙13日目、事務所、赤磐演説会

かりゆし姿で演説

昼過ぎまで自宅で電話連絡などをし、14時半に出て法律事務所に入り、15時から2時間弱、デスクワークなどをしました。

法律事務所で

その後、帰宅して一息入れ、18時過ぎに妻とともに出て赤磐市に行き、19時から1時間強、立憲民主党公認・野党統一候補の原田謙介候補の個人演説会に出席しました。東備という広大な地域が対象で集まり難い条件にも関わらず、200人ほどが集まってくれ、赤磐市の原田素代市議の司会で、冒頭に高井崇志さんが総括的な訴えをし、応援弁士として連合岡山の鳥越範博副会長と中川雅子県議が挨拶し、駆け付けた市議らの紹介と一言挨拶があって、津山市の小野陽子医師が応援挨拶をし、その中で私を指名して壇上に呼び上げました。そこで私が沖縄のかりゆし姿で登壇して、短く災害対策などに触れた挨拶をし、マイクを原田候補にバトンタッチしました。

高井崇志さん
鳥越副会長
中川県議
小野さんに呼び上げられ

原田候補は声がかなり枯れていましたが、次第にいつもの滑らかさを取り戻し、18歳選挙権実現の前と後とで若者の投票態度が変わったこと、しかし政治は相変わらず若者不存在のままで変わらないこと、さらに年金などの社会保障改革、憲法9条や原発ゼロなどに触れ、「過去は大事だが、問題は未来だ」と強調して「教育子育て最優先」を掲げて岡山から政治を変える決意を述べ、満場の大きな拍手で終わりました。その後、ご夫人が短く支援を訴え、真庭市の柿本健治市議が情勢報告をし、ハラケンコールで締めくくりました。その後、懐かしい皆さんと言葉を交わし、帰宅は21時になりました。

原田候補の決意表明
演壇を降りて
必死の訴え
柿本市議の情勢報告
ハラケンコールで締めくくり
皆さんと言葉を交わして