7月8日、選挙5日目、法律事務所、演説会(高梁、新見)

新見の演説会で

妻は9時に迎えが来て、参院選岡山に立憲民主党公認・野党統一候補で挑戦している原田謙介さんの応援に出掛け、私は昼過ぎまで電話連絡などをしました。14時過ぎに出て15時に法律事務所に入り、デスクワークや電話連絡をして、16時前に原田さんの選挙事務所に移り、若干の打ち合わせをしました。

法律事務所で
原田選挙事務所で
ハラケン帽

一度帰宅し、17時に迎えが来て高速道を高梁市まで走り、18時半から原田さんの個人演説会に参加しました。100人ほどが集まってくれ、冒頭に私が短時間の開会挨拶をしました。私がこの地域で最初にマイクを持ったのは1963年秋の父・江田三郎の総選挙応援で、50余年を経て今回の原田さんの応援が最後になるかと思うと、感無量でした。

演説会at高梁
私の挨拶

話し終わって直ぐに退場し、一般道を新見市まで北上して、19時半から1時間弱、やはり原田さんの個人演説会に参加しました。ここも父の応援の担当地域でした。円形に設営された会場に150人ほどが集まってくれ、羽場頼三郎岡山市議の司会で、高井崇志さん、難波奨二さんと連合岡山の難波事務局長が話した後、原田さんの配偶者が一言挨拶をし、私の番となりました。原田さんが高梁の会場から到着するまで話すのですが、直ぐに到着のサインがあり、話を切り上げて原田さんを壇上に呼び上げ、バトンタッチをしました。

演説会at新見
候補者夫人
私の挨拶

原田さんの声は治っていませんでしたが、逆に迫力が出て、20分ほどの決意表明でみんなに感動を与えました。最後に頑張ろう三唱をして、必勝の心合わせをしました。

原田候補