7月4日、参院選公示、原田選対出発式、手伝い、法律事務所

ハラケン、頑張るけん‼

いよいよ参議院選挙の公示日となりました。届け出は8時半からですが、標記が届かないとマイクを使えず、しかしゆっくり待つわけにもいかず、9時から出発式を始めました。テレビカメラの林立と500人の聴衆を前に、森山幸治岡山市議の司会で、私が原田選対顧問として冒頭にメガホンを使って5分ほど挨拶し、連合岡山の金澤稔会長が続きました。

カメラの林立
500人の聴衆
私がメガホンで
金澤会長も

そこで標記が届き、選挙カーの看板に「原田ケンスケ」が現れ、以後はマイクを使って、国民民主党県代表の津村啓介さん、無所属の柚木道義さんと続き、原田候補が若々しく良く通る声で第一声を張り上げました。判り易く個性に溢れ、強調すべきところはさらに声を張り上げ、最後は最大限の音量で決意とお願いを述べました。

津村さん
柚木さん
原田ケンスケ候補

「18歳選挙権を実現させ、高校3年生がこぞって投票に行ったとき、本当に嬉しかった。しかし政治は変わらない。相変わらず政治が若者を向いていない。未来を担う若者たちのために、『教育、子育て、最優先』を叫ぶ議員が一人くらい居たって、いいじゃないか。30年先を見据えて、郷里岡山から政治を変えたいのです。新しい時代に、新しい政治を。」という訴えは、必ず有権者の共感を得ると思います。最後に立憲民主党県代表の高井崇志さんの音頭で「ハラケン、やるけん」の後に全員で「頑張るけん」と拳を振り上げて終了となり、9時40分ころに選挙カーが原田候補のマイクで街に出て行きました。

10時前から選挙事務所で、大勢のボランティアの皆さんで本番ビラの証紙張りを行いました。私も小さな証紙を一枚ずつ張って、12時前に500枚を仕上げ、音を上げてしまいました。

皆で証紙張り

その後、妻とともに出て若干の挨拶回りをした後、法律事務所に入り、最小限のデスクワークをし、再び原田候補の選挙事務所に戻って、さらに来客応対などをしました。16時ころにちょっと早めに帰宅し、一息つきました。テレビニュースでは、原田候補が抜群の出来でした。

法律事務所で