6月6日、アジサイ、解散権、柚木さん

柚木さんと夕食懇談

夕方まで自宅でゆっくり、デスクワークや電話連絡をしました。庭に出てみると、挿し木で増やしたガクアジサイのダンスパーティーが可憐な花を開いていました。

庭のダンスパーティー

解散風が強く吹き荒れているようですが、いかなる観点からも大義はなく、安倍首相の個人的野望達成という理由しか見当たりません。それでも首相が解散だと言えば解散になるのが、辛いところです。どうしても憲法を改正したいのなら、第7条3号に制約を加えることを考えてはどうでしょうか?

19時に出て、19時半から2時間半弱、柚木道義さんと夕食を食べながら懇談しました。国会は言論の府ですが、実際には数の仕組みのせいで言論が制約され、安倍内閣の失政にも質疑に立てず、切歯扼腕しているようです。私も若いころ、参議院議員の6年間で本会議の質疑に立てたのは、僅かに10分間だけでした。