12月10日、岡弁総会、大阪へ、石松教官出版パーティー、帰岡、叙勲祝賀会

祝賀会で水田会長と
祝賀会で水田会長と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時半に江田剛所長弁護士の迎えで外出し、10時から1時間弱、岡山弁護士会臨時総会に出席しました。水田美由紀会長の挨拶に続いて、新入会員紹介などがあり、大林裕一さんからの日弁連副会長選挙の候補者推薦の経過報告を受けて、事実上副会長に内定した吉岡康祐さんが決意表明をし、さらに会規改正の議題が次々に採決で決定されました。そこで中座して岡山駅に行き、11時過ぎの新幹線で新大阪に向かいました。

岡弁総会
岡弁総会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時ころに着き、JR在来線を利用して大阪と京橋とで乗り継ぎ、初めて東西線に乗って大阪城北詰まで行き、13時前に太閤園に着きました。

JR東西線
JR東西線

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時から、「石松竹雄先生『気骨』出版記念パーティー」に出席しました。1966年から2年間、司法研修所に在籍した際の刑事裁判教官で、大阪高等裁判所を最後に退官されて弁護士を20数年勤め、90歳で矍鑠としておられます。私たち20期2組からも数人が駆けつけ、小杉丈夫さんが代表してお祝いを述べました。15時半前に中座して、JR在来線を乗り継いで新大阪からさくら号自由席に乗って帰岡し、17時過ぎに到着して剛所長弁護士に迎えて貰って、次の会場に向かいました。今日はデジカメを忘れ、ここまでの写真は携帯で撮りました。

20期2組
20期2組

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小杉さんの挨拶
小杉さんの挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17時半ころに岡山弁護士会主催の「江田五月会員桐花大綬章受章祝賀会」会場に着くと、既に水田美由紀会長や河原昭文さんがおられ、勲章や勲記の飾り付けなどをしました。水田会長はあでやかな和服姿でした。18時に開会となり、水田会長から挨拶に続いて花束と記念品を贈呈され、さらに河原さんの挨拶に続いて大石和昭さんの挨拶と乾杯の音頭から懇談となりました。司会が時機を見て指名し、平井昭夫さん、山下貴司さんがスピーチをしてくれ、さらに私と同期の田淵浩介さん、平松掟さん、奥津亘さん、盟友の高原勝哉さん、ハンセン病訴訟の近藤剛さんと続きました。

河原さん挨拶
河原さん挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大石さんの音頭で乾杯
大石さんの音頭で乾杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田淵さんスピーチ
田淵さんスピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間も経過したところで、私の息子の江田剛さんが話し、私がお礼の挨拶をして、平井さんの話に出てきた戦間期というテーマに付き所信を述べました。最後は吉岡康祐さんによるギター演奏付きの「マイ・ウェイ」の熱唱で、20時半前にお開きとなりましたが、さらに余韻が残って演壇上に大勢が上って万歳をしました。総勢50名ほどの和やかな集いで、皆さん、本当にありがとうございました。

江田剛さんスピーチ
江田剛さんスピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が謝辞
私が謝辞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉岡さん「マイ・ウェイ」熱唱
吉岡さん「マイ・ウェイ」熱唱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余韻の万歳!
余韻の万歳!