5月12日、野鳥保護のつどい、橘さん・松下市長ら

日朝連会長挨拶

新宿西口の高層ビル街のホテルで目を覚まし、窓外を見ると、東京都庁がそそり立っていました。晴れです。

新宿西口の高層ビル

このホテルで11時から、私が会長を務めている公益財団法人「日本鳥類保護連盟」と環境省の主催で、連盟総裁の常陸宮殿下のご臨席をいただき、「全国野鳥保護のつどい」を開催するので、10時に最上階に関係者が集合し、リハーサルをしました。まず私が殿下をホテル玄関で迎えて最初の「記念式典」まで先導でご案内し、終了後は控室へ、その後は受賞者等との記念写真撮影会場まで、さらに玄関でお見送りするまで、エレベーターの中までご一緒することになり、さらに私自身の役目として、会長挨拶をし、殿下に代わって総裁賞を授与し、さらに会長賞を授与します。殿下ご臨席の間は、写真撮影は禁止です。

式典打合せ

リハーサルを終えて玄関に降り、10時50分に殿下がお着きになって一連の動きが始まりました。11時に記念式典が始まり、主催者として森本英香環境事務次官と私が挨拶し、野生生物保護功労者表彰式となりました。まず私から総裁賞をシマフクロウ保護活動の山本純郎さんに授与し、さらに環境大臣賞、文科大臣賞、林野庁長官賞と続き、私から連盟会長賞をお二人に授与しました。

会長挨拶
総裁賞授与
会長賞授与

続いて、殿下に私たちの席までご移動いただき、福生市立福生第五小学校生徒による活動発表がありました。学校全体で取り組んでいる愛鳥活動につき、6年生で「スーパー愛鳥博士」の11人の生徒たちがパワーポイントを使って立派な報告をしてくれました。そこで式典は終わって殿下を控室にご案内し、写真撮影室で受賞者らが整列しているところに殿下をご案内し、記念写真を撮影し、12時15分に滞りなくお見送りをして緊張のプロセスが終わりました。

その後、暫く控室で来賓の皆さんと待機し、12時半から1時間ほど愛鳥パーティーに参加しました。ここでもまず私が会長挨拶をし、来賓として公益財団法人日本野鳥の会常務理事の狩野清貴さんに、さらに受賞者代表として総裁賞の山本さんに、それぞれご挨拶いただき、乾杯から歓談となりました。さらにフィールドワークとして東京都下水道局の森ケ崎水再生センターの施設屋上に営巣中のコアジサシの観察があるのですが、私はいささか草臥れて休憩としました。

来賓控室で
愛鳥週間ポスター
愛鳥パーティーで会長挨拶
小学生たちと
一本締めで中締め

17時半に出て、18時から3時間ほど、1980年代に私の地元秘書をしていた橘民義さんらと夕食懇談をし、美味しい寿司と楽しい会話で時間が経つのを忘れました。橘さんは岡山県議を3期務めた後に上京して事業を始め、映画「太陽の蓋」の製作者として知られており、東京都議を経て武蔵野市長になった松下玲子さんらも一緒でした。

橘さん、松下市長らと
すっかり出来上がって