5月7日、歯科、上京、風景、福山さん、日中会館、程大使、帰岡

離任される程永華大使夫妻と

連休の始まりに前歯が外れ、連休後の最初の仕事として9時に三船歯科に行きました。長い使用で接着が限界に来たとのことで、直ぐに付け直してくれ、事なきを得ました。

10時過ぎに妻に送って貰って岡山駅に行き、昼食を買って12時前の新幹線で上京しました。快晴の中、岡山県三大河川の旭川と吉井川が、いずれも豊かな水を湛えていました。昼食後にうとうとしていると、浜名湖を通り過ぎました。しかしそこから曇天となり、富士は姿を現しませんでした。

旭川
吉井川
いつもの昼食
浜名湖

15時過ぎに着いて移動し、16時前から45分間ほど、「フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)」の福山真劫代表とお会いして参院選を控えた最近の政治状況などにつき意見交換し、特に岡山選挙区に立憲民主党公認で臨む原田謙介予定候補の選挙情勢につき説明して支援をお願いしました。野党間協力には様々な形があり、力を合わせる知恵が必要です。

福山真劫さんと

次に17時から30分ほど、私が顧問としている(公財)日中友好会館の事務所に行き、職員の皆さんに声を掛けて、荒井克之理事長や鄭祥林中国代表理事と懇談しました。最近の日中関係の改善を反映し、会館の仕事量もかなり増加しているようです。

日中友好会館で荒井理事長らと

17時半に荒井さん、鄭さんとともに出て、18時前に中国の程永華大使離任レセプション会場に着きました。厳重な警備のせいか、18時半開会なのに入場は長蛇の列で、私も30分ほど並んでやっと程大使と汪婉夫人にお会いでき、直接言葉を交わして会場に入ると、中も厳重警戒でVIPのそばには近寄れませんでした。やがて程大使夫妻と安倍首相夫妻とが入場し、程大使が心のこもった9年3か月に及ぶ勤務の回顧談と謝辞を述べました。日中外交関係で断トツの長期間となりました。次いで安倍首相に続いて福田元首相の送別のスピーチがあり、さらにスピーチが続いたのですが、時間切れで中座し、東京駅で夕食を食べて20時過ぎの新幹線で帰岡しました。

武田会館前理事長らと
長い勤務を労い
森下洋子さんと
荒井聰さんと
程大使挨拶