3月3日、吉田さん揮毫、瀬辺さん彫刻展

投稿日:
吉田さんの揮毫

12時に妻とともに出て、西大寺観音院に行きました。先日の会陽の後祭りで、用済みになった杉の枝を焼き払うなどの行事が行われ、屋台もたくさん出ていました。そんな中で、玉龍会会員の吉田良子さん(号は綾舟)が、巨大文字の揮毫実演を行うというのですが、野外の企画で雨が降りそうだったため、予定の12時30分を前倒しして実行し、私の到着時には書き上がっていました。しかし、吉田さんと関係の皆さんが居られ、記念写真を撮りました。

「人間」の前で

後祭りの様子も少し拝見しました。

会陽の後祭り
境内の上で
杉の枝を焚く

その後、瀬戸内市美術館に行き、13時過ぎから瀬辺佳子さんの彫刻展を鑑賞しました。私より少しだけ若く名古屋で生まれ、東京芸大で彫刻を勉強中には全共闘運動にも参加し、大胆で個性的な現代彫刻の世界を開き、人間存在の根源に迫る作品群が展示されていました。13時半から30分ほど、瀬辺さんの講演を聞きました。14時半ころ帰宅し、昼食後はデスクワークをしました。

瀬辺さん彫刻展