1月12日、民団、生駒へ、漆展、大阪へ、建設組合交歓会、帰岡

投稿日:
建設組合交歓会で挨拶

妻は早朝からコーラス発表会に出掛け、私は10時前に朝食を済ませて出掛け、11時半過ぎに在日本大韓民国民団岡山県地方本部(民団岡山)の同胞新年会に顔を出しました。すでに始まっており、直ぐに指名されて短く挨拶をし、12時過ぎにお弁当をいただいて退席しました。日韓関係が緊張を強めていますが、両国政府が角を突き合わせていて困るのは両国国民なのであり、そういう時こそ国民レベルでの友好を大切にしなければなりません。

民団新年会で挨拶

その後、徒歩で岡山駅に向かい、12時半前の新幹線でいただいたお弁当を食べながら新大阪に行き、地下鉄、近鉄とバスを乗り継いで、14時半前に生駒の緑ヶ丘美術館に着きました。開催中の「日本の『漆』展」の鑑賞で、まずビデオの説明を見て、菅野一夫館長に挨拶して案内していただき、素晴らしい輪島漆器の数々を堪能しました。

日本の「漆」展で菅野館長と

次いで15時半過ぎの近鉄で難波まで戻り、16時半に次の会場に着き、控室で来賓の皆さんと懇談して、17時から3時間弱、大阪府建設組合の賀詞交歓会に出席しました。建築業者さん達の協同組合で、私とは長く友好関係にあり、小西和雄理事長の開会挨拶に続いて私が来賓の冒頭に挨拶をしました。さらに日本建設組合連合の黒島一生会長の挨拶があり、鏡開きの後に角界の錦戸親方の挨拶と乾杯で懇親が始まりました。

賀詞交歓会全景
私の挨拶
鏡開き

美味しいお料理で満腹になったところで余興となり、物真似で何人もの昭和の歌姫の歌が次々と披露され、抽選会になって私も引かせていただきましたが、残念ながら私は当たりませんでした。最後に豪華賞品が提供されてじゃんけん大会となり、閉会となりました。そこで新大阪に急ぎ、20時半前の新幹線で帰岡しました。

昭和の歌姫の物真似
くじ引き
じゃんけん大会