11月21日、上京、事件打合せ、仙谷さん弔問、年末、帰岡

投稿日:
仙谷さん弔問

7時半過ぎに出て、渋滞をかいくぐって岡山駅に急ぎ、8時15分にパーク&ライドに車を止めて、半過ぎの新幹線で上京しました。備前平野の眺めもすっかり晩秋の小春日和で、やがて眠りに着き、次に目が覚めたのは遠州でした。

晩秋の備前平野
気が付くと遠州

12時前に着いて昼食を食べ、13時前に民事受任事件の関係者と待ち合わせて1時間強、打ち合わせをしました。さらに移動して14時半前に故・仙谷由人さんのご自宅に弔問に伺い、線香を手向けて30分ほど、奥さんとお話をしました。東京大学の後輩で学生運動も経験して弁護士になり、日本社会党の中で若い仲間とともに「ニューウェーブの会」を作って国会に乗り込み、私たちと「政策集団シリウス」を作って新しい政治のうねりを起こしました。民主党政権では官房長官を務め、法務大臣を兼務して私に引き継ぎました。本当に長い間、ご苦労さんでした。

奥さんと思い出話など

15時半に受任事件関係者のところに戻り、2時間半ほど、さらに詰めた打ち合わせをしました。その後、みんなで近くのホテルで夕食を食べました。ロビーには大きな花が活けられて琴の演奏もあり、年末の風情でした。東京駅に急ぐ間の国会議事堂の周りも、気のせいか年末を感じさせられました。

ロビーの花と琴
議事堂前