9月9日、県展、旭川

投稿日:
県展へ

終日、県北を中心に大雨洪水警報が出され、各種行事の中止も相次ぎました。県南はそれほどではありませんでしたが、最近の自然災害の猛威を考えれば、大事を取ったのも理解できます。大阪なおみ選手の快挙は、文句なしに素晴らしいです。大相撲初日は、3横綱白星で一安心でしょうか。

昼過ぎまで自宅で電話連絡などをしていましたが、ふと気が付くと、今日がご案内をいただいていた県展(第69回岡山県美術展覧会)のⅠ期の最終日で、慌てて14時半過ぎに妻と出て、まず洋画と彫刻の岡山県立美術館に行きました。私の参議院議長の肖像画を描いていただいた石田宗之さんの絵を見つけて拝見しました。横たわった少女像ですが、従来の可憐な乙女から画風が変わってきており、次のジャンプへの模索かなと思いました。

さらに日本画と書道前期の天神山文化プラザに行きました。小野玲華さんと松嶋碧山さんの作品が並んでおり、道文会の面々の作品もありました。

県展の天プラ会場

帰りに旭川の土手を通ると、今朝から予告されていた旭川ダムの放流のせいか、茶色の水で増水してたくさんの木片を押し流していました。

旭川は増水