8月30日、ジャグリング、被災地支援、晩餐

里帰り最後の晩餐

いよいよ東京の孫たちの岡山滞在最終日で、明朝早くまた青春18切符で帰京します。私たちの長男と長女の夫を除き、長女一家と二男一家が各4人と私たち夫婦の計10人が揃って夕食を食べ、ももちゃんと一生君はお泊りをして従兄たちと根限り遊び、さらに長女一家は私たちが捨てられないものを思いっ切って片付けてくれ、今夕は庭の草取りもしてくれました。私は運転の外はひたすら彼らの働きを眺めていました。

午後、三男がジャグリングを披露してくれました。この一家は皆出来るのだそうですが、三男が一番うまいそうです。その後、私の運転で倉敷市真備町の豪雨被害への支援をするという「カフェZ」に出掛け、若干の買い物をしてお茶を飲み、さらに鮮魚を買って帰宅し、今回の里帰りの最後の晩餐となりました。オコゼ有りノドグロ有り、タイのあらの鍋ありで、私は大満足でしたが、彼らも大いに楽しんでくれたようです。

三男のジャグリング1
同2
同3
カフェZ