7月6日、大雨、死刑執行、羽場市議ら

投稿日:
羽場市議らと意見交換

梅雨前線が大荒れで、終日雨が降り続き、岡山県でも夕方に大雨特別警報が出ました。県南でも足守川や倉敷川の氾濫が心配されています。夕方、旭川の岡山城下を通り掛かると、さすがに濁流となっていました。

旭川の濁流

朝、オウム真理教関連の7人の死刑執行のニュースが飛び込んできて、驚きました。国会の会期末で、さらに日本中が自然災害の恐怖に晒されているという時期を、わざわざ選んだのでしょうか。松本死刑囚の受刑能力は、どう判断したのでしょうか。電話で何人かと意見交換をしました。

12時過ぎに出て所用を済ませ、13時過ぎに法律事務所に入りました。13時半過ぎから1時間強、羽場頼三郎市議らと政治情勢などにつき腹を割った意見交換をしました。明日は立憲民主党岡山県連合の結成大会で、文字通り嵐の中の船出となります。

羽場市議ら