5月5日、芍薬、弟邸へ、家族夕食

瀬戸田の弟宅へ

午前中は自宅でゆっくりし、庭に出てみると、芍薬が、年々弱っているのですが、それでも3輪きれいな花を付けていました。13時過ぎに妻とともに出て、車の給油をして岡山インターから山陽道に乗り、しまなみ海道を経て尾道市瀬戸田の私の弟の自宅を訪ねました。

庭の芍薬

弟の妻の実家を建て直し、熟年夫婦用のコンパクトな平屋建てにしたので、ちょっと遅くなりましたが、お祝いを兼ねて遊びに行ったのです。高速道の下りは特に混雑はなく、2時間ほどで到着し、1時間半ほど親族の近況などを共有しながら懇談しました。海に面しており、庭のソラマメや玉ねぎも立派に育っていました。周辺にはコンクリートの護岸のほか、狭いけれども砂浜もあり、子どもたちなら海水浴も楽しめそうです。

弟宅
周辺の海浜
薄暮の海浜

17時半に皆で出て、近くのお料理屋で夕食をいただきました。連休のど真ん中ですが、海の幸で満腹になり、19時半前にお別れして帰路に着きました。しまなみ海道は大渋滞で、山陽道も切れ目なく車列が続いていましたが、21時半過ぎに無事に自宅に着きました。道中に、全国に名を馳せた向島がありましたが、横目に見ただけでした。

お料理屋で
向島インター