4月21日、雨、昼食会、書道展開幕式、夕食会

投稿日:
書道展開幕式で挨拶

朝から雨で、昨日の大気汚染もきれいになっており、この時期に特有の柳絮も治まっていました。8時過ぎに朝食を食べ、ャワーを浴びて、11時に出発して今日から始まる中国硬筆書法協会主催の大書法芸術作品展開幕式などの行事に臨みました。

雨の長安街

まず会場について12時から1時間強、役員や来賓の皆さんとの昼食会となりました。協会の張華慶主席の挨拶があり、続いて韓国の李寿成元国務総理と私が挨拶し、乾杯から食事となりました。13時過ぎに終わって、会場の壁面に展示された作品群を見て回りました。私の「乾坤煇」が早い順番で架けられており、恐縮しました。その後、控室で暫時休憩をし、14時前から500人ほどの参加者が整列しているところに私たちが入場して握手をしながら整列し、全員で記念写真撮影をしました。

昼食会で挨拶
展示作品を拝見
会場全景
習首席がテーマ
来賓らと
記念写真撮影

それからすぐに会場に入ったのですが、開会が14時半ころまで遅れ、まず張主席が挨拶し、次いで李元総理と私が、それぞれ挨拶に続いて張主席から海外栄誉顧問に就任の盾を授与されました。さらに台湾から参加の張炳煌さん、師村妙石さんと許由さんの挨拶がありました。そこからはくだけて、歌あり詩の朗読あり、手品あり楽器演奏ありで、「アリラン」や「北国の春」もありました。また揮毫した扇の披露があり、私も一本いただきました。その間に各種の表彰も続きました。演壇上での全紙に2文字の揮毫実演もあり、最後に私たちが呼ばれて、テープカットの代わりに数多く取り付けられた色とりどりの風船割りを行って、閉会となりました。

私の挨拶
続いて海外栄誉顧問に就任
韓国の横笛
子どもの歌
揮毫実演
風船割り

そこで昼食会と同じ会場に移動し、19時から夕食会となりました。みな草臥れたのか、乾杯だけで黙々と食事をいただきました。20時過ぎに散会となり、外に出ると、まだ雨が降り続いていました。

夕食会
帰りも雨