3月21日、中国留学経験者同窓会、陳部長ら、帰岡、「さつまりこ」

留学生の会で乾杯音頭

11時前にホテルをチェックアウトし、「中国留学経験者同窓会」の設立記念レセプションの会場に行き、まず来賓控室で、同窓会会長に就任した近藤昭一さん、程永華中国大使、中国から参加した中華人民共和国教育部の陳宝生部長、そしてそのカウンターパートに当たる日本の林芳正文科大臣らと懇談しました。

近藤会長、程大使と
陳部長らと

11時半に会場に入り、まず近藤会長が決意を込めた挨拶をし、陳部長が日中間の留学の歴史を振り返りながらその大切さを強調した挨拶をし、さらに林大臣、程大使と続いて、私が戦時下での中国生活経験に触れた挨拶をして乾杯の音頭を取りました。すべて通訳も入るため、ここまでで1時間が経過し、懇談に移りました。教育関係者らが大勢ご出席で、暫く皆さんと言葉を交わしました。

陳部長の挨拶
私の挨拶
カンペーイ!

13時過ぎに中座して、お彼岸には全く不釣り合いの氷雨の中を東京駅に行って昼食を済ませ、切符変更ができないので時間を潰して、15時半の新幹線で帰岡しました。妻の迎えで、夕食を外で済ませ、帰りにスーパーに寄って「えだまりこ」を探したら、何と「さつまりこ」があり、びっくりしました。言うまでもなく、私と長女の名前の合成です。

「さつまりこ」