3月8日、所用、参予算委、国の…、会館理事会、帰岡

投稿日:
日中友好会館理事会で

9時前にチェックアウトして地下鉄で移動し、9時半前から3時間ほど掛けて所用を済ませました。途中で待ち時間にテレビを見ると、参議院予算委員会の質疑を中継していました。ところが、財務省の国会提出資料の件で紛糾し、予算委員長が野党委員の出席を得ないまま質疑続行措置を取って、野党筆頭で一番手の難波奨二さんを質疑者に指名しました。閣僚席には安倍首相をはじめ答弁者が着席していますが、質疑者席は空席のままで、時間だけが過ぎていきました。つまり、政府側の説明懈怠を不問にしたまま、野党の質問時間を徒過させようという措置なのですが、なかなか分かりにくいことです。

空転の参院予算委

タクシーで移動して、12時45分頃、やっと衆議院第一議員会館の会議室に着いたところ、他の会議が開催されたため、国のかたち研究会例会が早めに散会したところでした。石橋通宏さんがいたので、激励しました。

地下鉄で移動して、14時から2時間強、日中友好会館理事会に出席しました。私は会長で理事も務めています。荒井克之理事長が議長を務め、定足数確認などを行って議事に入り、来年度事業計画などの議案を全会一致で承認し、さらに臨時評議員会招集をやはり全会一致で決定し、代表理事の職務執行報告などを受けました。その後に私から、2月8日の程永華大使の会館来訪の模様を簡単に報告しました。

日中友好会館理事会
理事会で発言

JR在来線で東京駅に移動し、夕食を掻き込んで、17時半の新幹線で帰岡しました。