1月30日、難波さん、阿久津さん、書評、河野外相、夕食懇談、帰岡

夕食懇談

朝食後、11時前に出て参議院議員会館の難波奨二議員の事務所に入り、難波さんと暫時懇談しました。衆議院では、今年度補正予算案の委員会審議の最中で、院内テレビが緊張した質疑の模様を伝えていました。

難波さんと

国会内で昼食の後、13時半ころから衆議院会館の阿久津幸彦さんの事務所によって、阿久津さんと暫時懇談しました。15時前に、衆議院予算委員会室を覗いてみました。柚木道義さんが緊張した質疑をしている最中でした。15時過ぎに難波事務所に戻ると、西部邁さんの「蜃気楼の中へ―遅ればせのアメリカ体験」につき私が書いた書評が、国会図書館から届いていました。午前中にお願いしていたもので、著書は日本評論社から1979年6月に出版され、書評は「法学セミナー」の1979年8月号に載ったものでした。

阿久津さんと

15時半過ぎに、衆議院予算委員会に戻ると、最後の討論の最中でした。やがて採決が終わり散会したところで、河野太郎外務大臣に声をかけ、一昨日に北京の日本大使館で行われた訪日団壮行会への出席のお礼を申し上げました。16時過ぎに難波事務所に戻り、山田高さんと打ち合わせをしました。

山田さんと

17時半に出て、上京してきた妻と落ち合い、18時から2時間弱、東京駅のすぐ近くで、大学時代の友人ご夫妻らと美味しい夕食をいただきながら楽しい思い出話などに浸りました。大高さんは教養学部時代に一緒に学生自治の活動に取り組み、黒岩さんはオックスフォード留学時代に一緒に自由な時を経験しました。その後、20時過ぎの新幹線に間に合って妻と一緒に帰岡しました。

夕食懇談2