11月30日、たこ料理、お茶

投稿日:
たこ料理

自宅で電話連絡などを済ませ、11時に妻と友人たちと出て、12時に倉敷市下津井のたこ料理屋に着きました。「保乃家」という屋号で、二代目の原隆さんが包丁を振るっており、足を振り上げて元気よく抵抗するたこを見事に捌いていました。足一本に吸盤は250もあるそうです。酢の物、お刺身、空揚げなどと続き、大満足しました。

足一本の吸盤

14時前に出て、同市児島の喫茶店「野の花」に寄り、高岩順子さんのお茶をいただきました。店内は絵や押し花、川柳作品など楽しい展示で溢れ、ゆっくりした時を過ごしました。17時前に帰宅し、友人たちと別れた後に、若干の電話連絡をしました。

「野の花」でお茶