11月28日、黒住教七代教主、事務所

投稿日:
電話連絡

10時半に出て法律事務所に入り、若干の打ち合わせをして11時半前に「黒住教七代教主就任ご挨拶のつどい」の会場に入りました。超満員の盛況で、開会後にまず能楽観世流シテ方の舞があり、黒住教の勝部盛行教務部長の開会の辞の後、七代教主の黒住宗道教主の挨拶があり、ユーモアも交えながら決意を高らかに宣言されました。次いで神社本庁の田中恆清総長、天台宗妙法院の杉谷義純門跡ハーバード大学のヘレン・ハーデカ教授らの祝辞に続いて来賓紹介があり、私の紹介されました。続いて臨済宗龍門寺の河野太通住職の音頭で乾杯をして、昼食懇談となりました。

能の舞で開会
宗道教主のご挨拶
ハーデカ教授の祝辞
河野住職の音頭で乾杯

懇談の中でスピーチがあり、伊原木隆太岡山県知事、伊東香織倉敷市長や国会議員らが挨拶し、最後に黒住教名誉教主となられた黒住宗晴前教主が謝辞を述べながら八代を継承されるであろう黒住宗芳さんを紹介し、伊勢神宮奉賛会の皆さんによる木遣り披露があって、岡山商工会議所の岡崎彬会頭の閉会の言葉で締めくくりとなりました。

伊原木知事のスピーチ
宗晴名誉教主の謝辞
木遣り披露

14時半前に会場を出て、15時前に法律事務所に戻り、若干の電話連絡やデスクワークをし、17時前に出て帰宅しました。温かく穏やかな晩秋の一日でした。