9月13日、魯迅公園、外国語学院、文物局、茶、帰岡

投稿日:
上海外国語大学での講演会で

7時半に朝食を取って荷造りをし、8時半にチェックアウトして行動を開始し、直ぐ近くの魯迅公園に行きました。雲一つない快晴で、早朝から多くの上海市民が来ており、子供連れの散歩、太極拳や社交ダンスのグループの実技練習、水による道路上での揮毫、トランプに興じるものなどで混み合っていました。傘に紙を張り付けた展示が並んでいるので、よく見ると、高齢者の婚活のようでした。

上海の朝は快晴
朝食
傘の婚活
路上の揮毫

9時過ぎに、魯迅の墓地に着きました。毛沢東の揮毫した立派な墓碑銘があり、魯迅文化基金会の王錫栄高級顧問に迎えられて、用意された立派な花束を献花しました。その後、世界の文豪の銅像の立ち並ぶ中をホテルに戻りました。

魯迅の墓の前で
魯迅の墓に献花
文豪像とダンスと

9時半過ぎに再び出て、上海外国語大学に行き、10時から12時前まで、「魯迅と夏目漱石、上海学術交流会」に参加しました。同大学の高浩教授の司会で、まず同大学教授で中国日本文学研究会の譚晶華会長と上海交通大学教授でもある王錫栄基金顧問が、それぞれレジュメに基づいて中国における漱石の理解や白樺派の武者小路実篤や有島武雄と魯迅の出会いなどにつき発表し、日本側に移って、夏目房之介さんと大藪二朗さんがパワーポイントを使って、それぞれの立場からのお話をしました。最後に私が締めくくりとしての感想を述べ、40人ほどの参加者からの質問を受けました。

「魯迅と漱石」全景
記念写真

その後、黄浦江の河畔に移動して、12時半過ぎから14時前まで、上海市文物局の于秀芬局長主催の昼食会に出席しました。目の前に河畔のビル群が広がる絶景を眺めながら、同局の褚暁波副局長や上海魯迅記念館の鄭亜館長らも同席してくれ、美味しい料理と刺激的で楽しい会話を楽しみました。14時過ぎに徐迪旻さんとともに出て、お茶屋ばかりが並んでいる地区の徐さんのお店に寄り、そのまま上海浦東空港に向かいました。

黄浦江の絶景
于局長らと昼食会

15時過ぎに着いて搭乗と出国の手続きをし、待合室で暫時待機し、17時前に機内に乗り込みました。中国東方航空の岡山直行便で、18時に離陸して1時間40分の飛行と1時間の時差で、20時40分に岡山空港に着陸し、手続きを終えて妻の迎えで22時ころに帰宅しました。

お茶屋街
徐さんのお店で
浦東空港で搭乗