10月23日、草取り、エノコログサ、伊原木知事当確、県連常幹、愛ちゃん当選

投稿日:

朝食後、日曜討論を見終わってから庭に出て、草取りを始めました。久し振りで、気が付くと13時を回っていました。いくら取ってもきりがないのですが、それでも写真映りはやたら良く、随分立派な庭園のようになりました。昼食後、小休止をして16時前に再び庭に出てみると、エノコログサが微妙に紅葉しており、取ってコップに挿してみると、なかなかの風情でしたが、「やはり野に置け」でしょうか、写真映りはいま一つでした。

庭の草取り
庭の草取り
エノコログサ
エノコログサ

 

19時過ぎに高橋徹県議の車に乗せて貰って、今日が投開票の岡山県知事選の現職伊原木隆太候補の選挙事務所に行きました。用意された椅子がぎっしりと埋まる中、20時になると同時にテレビのテロップが当確速報を流し始め、衆院補選に続いて県知事選の2番目に伊原木候補の当確が報じられました。その直後に、大きな拍手に迎えられて、知事が防災服で入場しました。一昨日の鳥取地震の対応のため、県庁内で指揮を執っていたのです。早速元気一杯の挨拶があり、出席国会議員が登壇して順次挨拶し、県会議員がみな揃って登壇し、民進・県民クラブを代表して高原俊彦県議が挨拶しました。地震警戒中なので万歳などは行わず、報告会ということでお開きとなりました。

伊原木知事当確
伊原木知事当確

 

21時から1時間弱、民進党岡山県連の常任幹事会に出席しました。津村啓介幹事長の司会で、まず柚木道義代表が挨拶し、議題を次々と処理していき、来春の倉敷市議選で公認となった時尾博幸さんが決意表明をしました。終了後、私から県内での日中交流に付き支援要請をしました。

県連常幹
県連常幹

 

22時ころ、岡山県議補選の民進党地元組織が応援した大塚愛候補の選挙事務所に行きました。選挙区は岡山市北区と加賀郡で、すぐに加賀郡の開票結果が届き、ほぼダブルスコアで大塚候補がリードしていましたが、これだけでは大勢の見極めはできず、さらにハラハラしながら待ちました。やがて22時半過ぎに地元紙の大塚当確の一報が入り、大きな「愛ちゃんコール」の中を候補が入ってきて、あとはただただ興奮の渦でした。その中を鬼木のぞみ市議が仕切って、逝去された横田悦子県議の夫で大塚候補の後援会長が涙ながらの挨拶をし、「一本コール」で気勢を上げ、愛ちゃんがしっかりとした決意表明をしました。選対責任者の奥津亘さん、私、高井崇志さんが順次お礼の挨拶をし、さらに賑やかな会話が続く中を、失礼しました。自宅に戻って23時45分の最終開票結果を見ると、44,382票対24,106票の大差でした。低投票率の問題はありますが、この結果は今後の政治の動きを考えるうえで大きな意味があると思います。

愛ちゃん当確
愛ちゃん当確
愛ちゃんと横田さん
愛ちゃんと横田さん
「一本コール」
「一本コール」