6月25日、県教組、防衛協会、釣果、草取り

県教組大会で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時に自宅を出て、9時半から1時間ほど、岡山県教職員組合の定期大会に出席しました。大会構成手続きに続いて、全員で組合歌「緑の山河」を斉唱しました。私には、育った家庭環境のせいか、この歌は子どものころからお馴染みで、その上「た」で始まる歌詞は少なく、他には「牧場の朝」くらいしか知らず、歌の尻取りでは貴重なカードなのです。

続いて梶原洋一委員長が挨拶をして、教育現場の状況に強い警鐘を鳴らされ、子どもたちの作文の中から学校が大好きな小学1年生の文章を披露して締めくくられました。続いて来賓挨拶に移り、日教組本部の宇高和馬書記次長、連合岡山の金澤稔会長、民進党県連の柚木道義代表が挨拶をしました。さらに来賓紹介があり、津村啓介さん、高井崇志さんに続いて私も紹介されました。

 

梶原委員長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅に戻り、欠席の返事をしていた12時半前からの岡山県防衛協会総会後の懇親会に伺えるので、その旨を連絡して駆け付け、13時半ころまで参加しました。午前中に総会と講演会を終え、第3部で懇親の実を上げようというもので、津村啓介さんら衆参の議員の皆さんに続いて県知事代理と岡山市長代理の挨拶があり、さらに代理出席の国会議員秘書らの紹介があって、乾杯から懇親となりました。そこで私も紹介されました。

 

防衛協会懇親会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14時半ころ、自宅で一息ついていると、釣り名人の中本君が今日の釣果を届けてくれました。素晴らしい鯛とキスで、早速捌いてくれました。その後、暫く懇談し、雨が上がったので妻と手分けして町内会の配りものを配って歩きました。さらに19時前まで庭の草取りをしました。雨後なので抜き易いのですが、根の張り方も次第に半端でなくなっており、草臥れました。