6月15日、上海へ、615、田子坊、バンド、夕食、雑技団

バンドで飛鳥村の皆さんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5時起床で荷物を整え、6時にホテルを発ってバスで食パンなどをかじりながら成都空港に行き、手続きを済ませて8時過ぎの上海便に搭乗したのですが、出発が1時間ほど遅れ、機内食をいただいて11時半前に着きました。すぐにバスに分乗して行動を開始し、12時半過ぎから昼食となりました。上海風の四川料理でした。

 

成都空港で

 

 

 

 

 

 

 

 

上海虹橋空港で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食は四川料理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では国会で、テロ等準備罪の法案が中間報告で参議院本会議の採決がなされたことを知りました。細かな経過は分かりませんが、私たちの世代にとって今日は、57年前に60年安保闘争の最中に東大生の樺美智子さんが亡くなった、記念すべき日です。「忘れまい615 若者の血の上に雨は降る 一人の手が砕かれた すべての手を組ませるため」という歌を心の中で口ずさみながら、年月の流れに思いを馳せました。

その後、14時前から1時間ほど、古い街並みが保存された商店街の田子坊を見て回りました。途中で青島ビールをちょっとひっかけ、さらに15時半過ぎから黄浦江の西岸の旧上海のバンドを、浦東のビル群を眺めながら散策しました。

田子坊散策

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビールを一杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間で切り上げて、17時から夕食会となりました。いよいよ最後の全員集合企画で、団長の私が最後の挨拶をし、つい一言ですが、「租界」の持つ歴史的意味に触れてしまいました。続いて中日友好協会の王占起副秘書長の挨拶があり、副団長の日中友好会館の荒井克之理事長の挨拶と乾杯の音頭で、上海料理にビールや紹興酒も入り、熱気に満ち溢れた晩餐となりました。すべてのテーブルを回って乾杯をし、最後には、誰言うとなく全員で肩を組んで、「星影のワルツ」の大合唱となりました。

最後の挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員と乾杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「星影のワルツ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにバスで移動し、19時半から2時間弱、上海雑技団の公演を楽しみました。以前にも見たのですが、さらにいっそう洗練され、感激と緊張の時が終わりました。

上海雑技団