6月13日、武候祠、錦里、師範大学、夕食会

四川師範大学での歓迎式記念写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時から朝食で、今朝も麺をいただきました。9時にバス2台に分乗して、成都市内見学に出かけました。まず1時間ほど走って武侯祠に着き、1時間近く見て回りました。武侯とは諸葛孔明のことで、皇帝劉備の墓陵に武候の祠があり、三国志の時代に思いを馳せながら、亜熱帯の厚い雨雲の下での散策を楽しみました。錦里は、その隣の土産物通りで、書画や筆のお店や唐辛子のお店もあり。観光客で大賑わいでした。

 

朝食の麺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大賑わいの武侯祠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇帝劉備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錦里で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「至人無己」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時から昼食会となりました。激辛料理を避けてくれているのか、いずれも超美味で、満腹になりました。

 

昼食

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時に出て1時間弱で四川師範学校に着きました。まず、四川省人民対外友好協会の趙会長、同大学の王学長らと日本語専攻の学生らに迎えられ、日本ホストファミリー代表団歓迎式に臨みました。学生たちがしっかりと準備をしてくれ、趙会長と王学長に続いて私も個人史に触れながら挨拶をしました。そして、全員で記念写真を撮った後、同大学の歴史資料館を見学して建学70年の歩みを概観しました。

 

学生主導の歓迎式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

「師魂」像前で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感激の「母子」再会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歓迎会へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時ころから、交流会に出席しました。教授陣による四川劇の変面や学生らによる中国伝統衣装の披露、伝統楽器の演奏や踊りがあり、日本側からも若者の歌、奈良県明日香村の皆さんによる飛鳥時代の衣装と大化の改新の説明、琵琶湖畔の滋賀県日野町の皆さんによる民謡合唱などと続きました。さらに書道実技、面の隈取り、中国結び、切り紙細工などの披露があり、日本側からの巻き寿し作りもあって、記念品交換をして閉会となりました。

交流会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大化の改新

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の若者たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17時半前に出て中心部に戻り、18時半過ぎから2時間強、対外友協の主催による歓迎晩餐会に出席しました。師範大学以外の近隣大学からも大勢参加してくれ、趙会長に続いて私が挨拶をして日本でのパンダの誕生に触れ、記念品交換をして、激辛料理を避けた四川料理のご馳走の数々に舌鼓を打ちました。ここでも出し物がいろいろとあり、日本側からは日野町の皆さんによる琵琶湖周遊の歌に続いて明日香村の皆さんによるふるさとの大合唱が披露され、私も会場の皆さんもみな飛び入り参加して大いに盛り上がったところで閉会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふるさと」大合唱