5月21日、水路掃除、サギ、桐花大綬章を祝う会

桐花大綬章を祝う会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時半から3時間弱、町内の用水の掃除に参加しました。旭操学区連合町内会のうちの山崎東町内会で、わが家がそのうちの7組の今年度の組長となっており、責任重大です。岡山市は、江戸時代の埋め立てで造成された農地が最近になって宅地化したところが多く、農業用水が下水になり、合併浄化槽が整備されても、年一回の清掃は欠かせません。今日はその日に当たっており、町内総出で10時過ぎまで汗を流しました。私は実は、猫車を使いこなすことができるのです。

用水清掃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終了後、自宅前の橋の下で用水の水面に動くものの影が映っているので、よく見ると鳥でした。面白いのでカメラを向けると、アオサギが飛び立っていきました。自宅に帰って庭を見ると、アマリリスが二株で5輪、満開に咲き誇り、さらに三株目も蕾が大きくなっていました。

用水のアオサギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅のアマリリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅で一休みし、昼食後に準備をして妻とともに15時に出て、岡山駅近くのホテルに向かいました。15時半に着いて妻はすぐに髪を整えて着替えをし、私も16時半ころから着替えをして、私は燕尾服姿に、妻は和服姿になりました。昨日は東京のお別れ会で、全員で「ロイドメガネに燕尾服…」と歌いましたが、今日は若い県議の皆さんが「街のサンドイッチマン」を全く知らないというので、時代の変化に驚きました。

18時から、「江田五月氏の桐花大綬章を祝う会」が開会となり、300人ほどがお集まりの中、私と妻が入場しました。倉敷市の藤原薫子市議の司会で、先ず発起人代表の河原昭文さんが開会挨拶をし、出席の発起人の皆さん全員に壇上でマイクリレーの一言挨拶をいただきました。次いで来賓で、内閣から加藤勝信大臣、自治体から伊原木隆太知事、参議院から郡司彰副議長、さらに出席国会議員全員に壇上に上がっていただき、菅直人さんと逢沢一郎さんに挨拶をいただきました。その後、私たちの孫のももちゃんと一生君から花束をいただき、私がお礼の挨拶で、国政40年と議長の経験を振り返って、大学時代に丸山ゼミで発表した吉野作造の「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」に触れて、憲政のために努力する決意を述べ、妻からもお礼の言葉を述べました。その後、メッセージ紹介などがあり、情報労連の野田三七生委員長の音頭で乾杯をして懇談に入りました。

発起人代表の河原さん挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発起人の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡司参議院副議長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出席国会議員の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野田委員長の音頭で乾杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暫時懇談の後に、各テーブルを回り始めましたが、書道の小野玲華さんらのグループ、同じく曽我英丘さんら、女性後援会アゼリア会の皆さんなどと回っているうちに、直ぐに時間が経ってしまいました。20時過ぎに、津村啓介さんに閉会挨拶をいただき、出口で皆さんのお礼をしていると、長い列となって、ご迷惑をかけてしまいました。スタッフの皆さんに最後のお礼を述べるのは21時前になり、ホテルで妻と食事をして自宅に帰りました。

菅さん、石毛さん、藤田さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道文会の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曽我さん、大崎さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アゼリア会の皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立礼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの皆さんの挨拶