5月2日、五月晴れ、花、佐々木弁護士

佐々木弁護士と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”晴れた五月の青空に♫”という歌を懐かしむ世代にとっては、心がざわめく五月晴れです。私たちの世代には、その歌よりも、”立て 飢えたるものよ”とか”太陽は呼ぶ 地は叫ぶ”とか、もうちょっとドロドロした”憎しみのるつぼに 赤く焼くる”とか、そして何より”学生の歌声に 若き友よ手を延べよ”の方が、心がざわめくのです。今の若い皆さんにとっては、何のことだかわからないか、人によっては嫌悪感を催すのかも知れません。古き良き時代の思い出です。

10時に庭に出てみると、ナニワイバラがますます綺麗に咲き誇り、ヒメライラックも株は小さくなりましたが、花が芳香を放っていました。その後も自宅で、ぶらぶらしていました。

ナニワイバラ
ヒメライラック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14時前に出て法律事務所に入り、デスクワークや電話連絡をしました。16時半ころ、佐々木齊弁護士が来られ、暫時懇談しました。江田法律事務所の江田剛所長弁護士が、弁護士人生のスタートに当たり、大変にお世話になりました。17時半ころに帰宅し、1時間ほど草取りをしました。

佐々木弁護士と