10月19日、ブザー故障、県議補選応援、番町文庫

今日は、昼過ぎまで自宅で片付けなどをしました。玄関の呼び出しブザーが全くの沈黙となり、名刺に「故障中! 大声で呼び出してください。」と書いて張り付けました。築35年で、ブザーもよく働いてきましたが、遂に宅急便の皆さんが反応の無さに「お留守にお伺い…」というメモを残して去られるようになってしまいました。

14時半に出て加賀郡吉備中央町まで走り、16時に岡山県議補選の立候補者の選挙カーと合流して後部座席に乗り込み、18時半前まで街頭宣伝活動に同行し、3か所でスポット演説をしました。横田悦子県議が昨秋、病没されたため、県知事選挙に合わせて岡山市北区・加賀郡選挙区のみが定数1の補選を行うことになったもので、42歳のママさん候補を民進党岡山県第1区総支部が応援しており、助っ人として駆けつけたのです。

県議補選応援ーマスカットを伊t抱いて、
県議補選応援 – マスカットを抱いて
県議補選ー合流
県議補選 – 合流
県議補選ー街頭演説、
県議補選 – 街頭演説
県議補選ースーパーで、
県議補選 – スーパーで
県議補選ー日が暮れて、
県議補選 – 日が暮れて

 

私の自宅のすぐ近所で育ち、私の息子と小・中同級生で、高校は私の後輩ですから、娘のようなものです。岡大教育学部を卒業した後、福島県で農業と大工を始め、原発事故に直撃されて一家で帰郷し、私の父の出身地である北区建部町を生活の場として3人の子どもを育てています。

選挙運動はお世辞にも元気一杯とは言えませんが、手作り感と素人っぽさに溢れ、有権者の好感は得られていると思います。問題は、県知事選挙を含めて盛り上がりがもう一つ足らず、投票率が極めて低くなると予測されていることです。選挙があることが知られていません。何はともあれ、一人でも多くの有権者が投票に出掛けることを心から願います。下車の後、妻が番町文庫で「お勉強」なので、私も随行して焼き飯で夕食を済ませました。