2月25日、岡弁総会、オンブズマンおかやま、番町文庫

投稿日:
オンブズマンおかやま懇親会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時半に自宅を出て、10時から13時前まで、岡山弁護士会定期総会に出席しました。大石弁護士と的場弁護士が議長、副議長となり、水田美由紀会長が冒頭挨拶をし、出席した新規登録の皆さんが17名呼び上げられて順次挨拶をしました。女性は2名でしたが、大勢でとても覚えきれません。その後、定足数の確認などがあり、議事に入りました。今回は、日弁連総会に議題となる「依頼者見舞金制度」の創設に関する会としての賛否の決定で、水田会長が賛成提案の理由を説明し、1時間以上にわたって質疑と賛否の討論が行われ、賛成162対反対25で、会として賛成することに決しました。なかなか難しい案件ですが、私は賛成しました。その後、大土新会長当選者ら新執行部と吉岡日弁連副会長当選者の各挨拶があって、閉会となりました。続いて全員協議会があったのですが、私は次の予定のため中座しました。

岡山弁護士会総会ー新入会員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同ー水田会長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時から、「認定NPO法人市民オンブズマンおかやま」の会合に出席しました。岡弁総会と会場が近くだったので、かろうじて間に合いましたが、13時からのオンブズマンアカデミー「政務活動費のうらじゃ!-実例山盛り-」という丸尾牧兵庫県議と光成卓明代表幹事のトークの冒頭は、昼食のため中座してしまいました。15時過ぎから定期総会となり、私からもNPO優遇税制に付き簡単な説明をしました。現場での対応は、制度設計当時の私たちの思い通りにいかないところがあるようです。16時前に終了し、さらに16時半前から1時間ほど、懇親会に出席して懇談しました。

市民オンブズマンおかやま総会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18時から2時間半ほど、竹馬の友らの集うお好焼き屋「番町文庫」の月例会に出席しました。わいわい騒ぎながら、鴨鍋で満腹になりました。

番町文庫月例会