6月1日、「わが回想」

六月に入りましたが相変わらず素晴らしい五月晴れで、終日自宅でのんびり過ごしました。

夕方、荷物が届きました。明けてみると、旧友の大高英昭さんによる新著「わが回想-ソクラテス半世紀の軌跡(その後)-」が入っていました。大高さんと私とは全くの同年で、私が東京大学学生自治会自治委員長の時に、彼は同学部学友会の委員長を務め、それ以来今日まで仲良く齢を重ねてきました。さっそく電話を掛け、近況を述べ合いました。