1月2日、自宅、駅伝

朝から雲一つない快晴ですが、気温は下がりっ放しでした。終日自宅で、テレビを見てのんびりし、それこそ「食っちゃあ寝、食っちゃあ寝」でした。

14時半ころ、東京の娘から電話で、「直ぐにテレビを見ろ」というので箱根駅伝にチャンネルを合わせると、「青学のアンカーが若い頃のお父さんそっくりだと、わが家で盛り上がっている」というのです。「どこがー」と思いましたが、嬉しいような恥ずかしいような気分でした。

箱根駅伝
青学の立石