12月19日、道文会お祝いの会

相変わらず寒い一日でした。昼過ぎまでゆっくりし、15時半ころ妻に送って貰って東区西大寺に行き、ホテルで開かれた道文会の今年の入賞入選のお祝いの会に出席しました。かな書道の同人の会で、初代の小野桂華会長時代に私は顧問となり、二代目の小野玲華会長になってからも続いています。今日は、玲華会長の日展15回目の入選、寺谷和子さんの5回目の入賞に加えて、大川秀華さんが初入選となり、さらに日本書芸院展と菁筆会展の入賞入選の皆さんのお祝いの会です。30人程度の集まりで、万全のコロナ対策が取られており、私もフェイスシールドをいただきました。

お祝いの会全景

定刻に開会し、まず玲華会長の挨拶があり、私が顧問として挨拶をしました。次いで玲華会長から各賞受賞者の紹介があり、特に大川さんの紹介ではマスクの向こうで会長ご自身も涙ぐんでいるような表情が浮かんできました。そして、まず私が大川さんに花束を贈呈し、記念品の授与に移りました。40分程度で終わり、そこから会食となるのですが、私はそこで中座し、帰宅しました。来年の皆さんのご活躍を祈ります。

玲華会長の冒頭挨拶
私の顧問挨拶
大川さんに花束を