11月23日、新嘗祭、篆刻

連休3日目は「勤労感謝の日」でした。今夜から明未明にかけて、皇居内で新嘗祭が執り行われ、参議院議長時代には、前半の「夕の儀」のほか、後半の「暁の儀」にも参列しました。その後の御直会でお雑煮が振舞われ、「白酒」と「黒酒」という濁り酒をいただいて帰ったことを、懐かしく思い出します。

終日自宅でゆっくり過ごしました。NHKが夕方、押印廃止で存続の危機となったハンコ屋のことを報じました。先日、県北でハンコ屋を営む親族から電話が掛かってきて、年齢も重ねたので終活をすると言っていました。書道芸術の中には篆刻という分野があり、先行きが心配です。

ハンコいろいろ
職人芸