6月9日、衆院予算委、電話、草取り

第二次補正予算につき衆議院予算委員会の質疑が始まり、テレビで中継されました。与党委員の質疑の後、10時半過ぎから野党に移り、冒頭に立憲民主党の枝野幸男代表が共同会派のトップバッターとして総括的な質問をし、最後にコロナ禍が炙り出した現在の政治、経済及び社会の脆弱性に触れて、これらを克服したコロナ後の進路を示しました。

コロナ後の進路

 

さらに大串さん、川内さん、辻元さんらが次々に質疑に立ち、安倍政治の問題点が浮き彫りになりました。その間に、法律事務所と電話連絡を取り、いくつかの案件を進めました。

川内さん

辻元さん

16時過ぎから3時間ほど、庭に出て草取りをし、さらに水を撒きました。岡山は晴れの国で、予報は雨でもなかなか当たらないのです。