1月11日、倉敷市議選、フナ飯、相談

時尾市議の事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時半に自宅に集合して、岡山5区の民進党公認衆議院予定候補の加藤高明さんと一緒に、15日が告示の倉敷市議選の関係予定候補の後援会事務所を激励に回りました。まず、三菱自工労組関係の塩津孝明さんと大橋健良さんの共同事務所で、塩津さんがおられて激励の「飛翔必勝」と揮毫した色紙をお渡ししました。次が近くの民進党公認の時尾博幸さん、JFE労連の浜口祐次さんと松成康昭さん、中電労の岡見忠さん、さらに昼食後にクラレ労連の大守秀行さん、最後が民進党公認の藤原薫子さんと回りました。藤原事務所には、夫の鳥井良輔県議が詰めていました。

塩津市議、大橋市議の事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜口市議事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松成市議事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡見予定候補事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その途中で12時過ぎに船穂の大西屋で、名物のフナ飯をいただきました。フナは近くの高梁川で捕るのですが、最近は外来種のブラックバスの大量繁殖で、フナが少なくなってしまったそうです。せめて釣果のブラックバスは放さずに持ち帰って欲しいと、嘆いておられました。

大西屋のフナ飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大守市議事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤原市議事務所で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務所回りの後に一か所、事業所を回り、15時前に自宅に戻り、直ぐに再び出て15時半前に法律事務所に入りました。15時半から法律相談で、新築家屋を巡る20年に亘る紛争につき2時間、事情を細かく聞いてアドバイスしました。夕食は18時過ぎから、妻と外食で取りました。

法律相談