2月19日、所用、番町文庫、岡弁総会

番町文庫

10時半に妻に送って貰って岡山市内中心部に行き、11時から2時間ほど掛けて所用を済ませま、番町文庫で昼食を食べました。小学校の時からの同級生の山本美奈子さんが主人で、美味しい焼き飯をいただきました。

14時から3時間弱、岡山弁護士会の定期総会に出席しました。2月に入って藤本徹さん、岡本憲彦さんと訃報が相次ぎ、冒頭に黙祷をしました。開会後、まず小林裕彦会長の簡単な挨拶があり、新入会員の紹介と一言挨拶に続いて近藤幸夫さんの日弁連副会長としての活動報告があり、定足数の確認をして議事に入りました。

岡弁総会

まず来年度予算関連の件が承認され、次いで来年度役員等の選挙につき大林裕一選管委員長の報告を受けて猪木健二会長ら新役員が承認され、新常議員の協議により近藤幸夫議長、小林裕彦副議長が決定され、残余の役員も補充されました。さらに吉岡康祐さんから常議員会の採決方法につき発言がありました。さらに資格審査委員らも提案通り決定されました。

そこから会則や会規の制定や改正が議題となり、適時に定足数を確認の上、全て提案通りに可決されました。特に広報室の設置に関する会規について、議論は白熱しましたが懸念が示されるに留まり、採決では大多数が賛成でした。

17時に妻の迎えで帰宅しました。